HOME

What's New(新着情報)

法改正後のキャッシングについて

「キャッシング」とは主に少額の借り入れを指して言いますが、そこで問題になっていたのは、いわゆる「グレーゾーン」の存在について。
今までは法律におけるさまざまな解釈の違いがあったので、それを利用してできるだけ高い金利を使って合法的に貸し出しをする金融会社も多数存在していました。

特に出資法に基づくと、最高29.2%までの金利が可能となり、それを利用している消費者金融も多かったもの。
これは計算すると、100万円で、約30万円の利息を支払うことになります。

実際、こういった高額な金利が負担となって、最終的には自己破産になるというケースも少なくありませんでした。

そういった社会的な問題もあり、今では金利の上限も一律20%統一され、グレーゾーンも撤廃されています。
また、金融法の改正で「ヤミ金融」に対しても、さらに罰則が強化されています。

ただし利率の上限が若干低くなった分、キャッシングなどの審査が厳しくなった面があるのも事実。

法律の改正後は、借りる側にも金額の上限が設けられたので、年収の1/3以上はキャッシングができません。
特に一定の収入のない人や主婦の場合は基本的にキャッシングができなくなりました。

これにより、返済が不可能になるようなキャッシングを未然に防ぐ効果が期待できますが、一方で収入のない人はキャッシングができず、一番お金に困っている人が融資されない事にもつながっています。
キャッシングを断られた人がヤミ金融に流れているという意見もあり、一部ではすでに問題視されています。

HOME